≪よくある質問を掲載しています≫

の他ご不明な点がありましたら、当社にメール、またはフォームからご連絡下さい。 

核シェルター、家庭用核シェルターについての質問

Q:地下じゃなく通常の部屋でも核シェルターになるって本当ですか?

 

A:はい。核シェルターの主要機能は緊急時の一時的な非難であり、生命の安全を確保する事にあります。その為に一番重要になってくるのが、当社でご紹介いたしております特殊な空気ろ過機です。有事の際、放射性物質や毒ガスなどが撒き散らされていても、その危険な物質の室内進入を防ぎ、常に安全な空気のみをろ過して室内に取り込む装置です。核爆弾の直撃をも防ぐことを目的とした場合には、地下施設を準備することになりますが、原発事故やウイルス、毒ガス兵器などから身を守るのみであれば、地下室は必要ありません。

 

 

Q:やはり、地下核シェルターが必要に思います。

 

A:もちろん、準備できれば一番かもしれませんが、核攻撃の直接のターゲットと成りやすいのは軍事施設や基地、その他の主要施設などに限定されるでしょう。その近隣にお住まいならばともかく、その他ほとんどの地域では直撃(爆撃や熱波)を防ぐほどの地下施設は必要が無いと考えられます。

立地や住環境の事情から地下施設を持つことは難しい場合も御座います。

もちろん、核以外の対策をも考えて、と言ったご意見もありますが、あらゆる対策を施した場合は際限がございません。まずは出来る事から対策をされる事をお勧め致します。家庭用核シェルター(特殊空気ろ過機)であれば、180万円~からご提供させて頂いております。

 

 

Q:マンションの寝室に設置を考えています。工事や取り付けはどうなりますか?

 

A:工事は半日程度で完了します。大型のエアコンを取り付けるようなものとお考え下さい。設置は事前にご自宅を拝見して、取り受け可能な場所などご相談しながら決めて頂きます。後は工事当日に立ち会わせて頂き、機器の使い方をご説明して完了です。核シェルター(特殊空気ろ過機)の使用方法はとても簡単ですので、ご安心下さい。

 

 

Q:原発事故で停電になったらどうなりますか?心配です。

 

A:ご安心下さい。核シェルター(特殊空気ろ過機)は停電時でも使用できるよう手動で発電しながら動かせるようモーターが組み込まれています。

もちろん手動モーターを使わずに、発電機や蓄電池を別に準備する方法もありますので、問題ありません。

 

 

Q:将来的には地下室を持ちたいですが、今はありません。購入に悩んでいます。

 

A:同様のご質問をよく受けます。しかく、核シェルター(特殊空気ろ過機)は移動が簡単です。取り付け工事が半日で済むように、一旦ご自宅に設置した後でもまた別の場所に移動することが出来ますので、まずは現状での核シェルター(特殊空気ろ過機)設置をお薦めします。有事や震災は待ってはくれません。まずは備えることが大事かと思います。

 

 

Q:家庭用空気洗浄機を使ってますが何が違いますか?

 

A:はい。核シェルター(特殊空気ろ過機)は外気を特殊なフィルターを通じて安全な空気だけを室内に取り入れます。そうすることで、室内は常に安全、危険な空気は室内に侵入しません。

対して、空気洗浄機は室内の空気を循環させながら塵やウイルスなどを取り除くもので、すでに室内は危険物質で汚染された状況となってしまうことから、有事では大変危険です。

 

 

Q:多人数でも利用できますか?

 

A:はい。核シェルター(特殊空気ろ過機)は避難される人数や部屋の大きさなどに応じてさまざまな機種が御座います。また数十人から50人の大規模施設でももちろん利用可能です。

ご自宅のマンション全体を核シェルター化することも可能です。

 

 

 

 

  

核シェルターに関するより詳しい資料をご希望の方は、下記からお気軽にどうぞ!皆様からのお問い合わせをお待ちしております。尚、お急ぎの場合は携帯電話までお願い致します。

 

 

 

 

 

〒559-0031 大阪市住之江区南港東1-7-6

TEL:050.7130.9300

E-mail: info@shelter-plannning.com

営業時間:9時~18時 休業日:祝日・年末年始

 

 

 

<注目のトピック>

[原発事故]

福島県立医科大学敷地内の外気放射線量リアルタイム計測値